うまくデザインが浮かばないときに考えたい3つの事項

デザインのアイデア出しに役立つ情報サイト

実践で使える、アイデア出しの3つのポイント

1つめのポイントは、「デザインの目的を決める」ことです。 商品を売るためデザインと、情報を届けるためのデザインでは目的が違います。 目的と違うデザインをしてしまったら効果が半減してしまうばかりか、まったく見向きもされないということが起こってしまいます。

男性と女性、子供と青年と高齢者向けでこんなに変わる

2つめのポイントは、「どの年齢層・性別に向けてデザインをするか」ということです。 もちろん人によって好みは様々ですが、やはり大まかな傾向は分かれているものです。 あなたのデザインを伝えたい人物像を明確にイメージすることで、おのずとアイデアが浮かんでくるのではないでしょうか。

ナチュラル、ポップ、シンプル、テイストを選ぶ

3つめのポイントは、「テイストを選ぶ」ことです。 目的やターゲットとテイストがずれてしまっていては、デザインの受け取り手の心をつかむことは難しいですよね。 そのような失敗をしないようにここでしっかりと確認して、デザインにふさわしいテイストを決めていきましょう。

画像を見せたいのか、文字情報を見せたいのか

デザインを表現するために大切なのは、初めに完成予想図をしっかりと作ることです。

そうはいっても、アイデアがなかなか思いつかないこともありますよね。
普段から自分の理想とするデザインをたくさん見てアイデアをストックしている場合でも、どこかで見たようなものと似通ってしまうものになってしまい、うまく「自分のデザインとして」まとめられないこともあるでしょう。

そんな時には、ひたすら手を動かして紙に書きだしていったり、他の人と意見を交換したりすると、思いがけないアイデアが突然見つかることもあるかもしれません。
ただし、時間が限られている場合にはこのやり方は避けたほうが良いでしょう。
なぜなら、時間だけかかった割には出来上がりがイマイチになってしまったりすることもあるからです。

そこで、このサイトでは「アイデア出し」のプロセスを詳しく追っていきながら、実践に役立てるような知識をまとめました。
デザインのアイデアを出すためには、3つのポイントがあります。
1.デザインの目的
2.ターゲット
3.テイスト
論理的にポイントを抑えながら作業を進めることで、自分の理想のデザインとズレにくくなる上に、提出期限のあるデザインの場合でも、時間内に最良なデザインを完成させることができます。
また、万一修正作業が発生しても「3つのポイント」をしっかり守ることでスムーズに直していけるでしょう。
これから詳しい内容を一緒に覚えていきましょう。